こどもができて禁煙を決断したお父さんの写真先ず、禁煙しようと思ったらきっかけです。よくある話ですが、それはズバリ子供が出来たからです。

それまでは、家の中では換気扇の下で吸い、奥さんとデートをする時や飲みに行く時も、特に気にせず隣で吸っていました。

もともと、奥さんも昔吸っていたということもあり、特に禁煙の話も出ず、普段は何も考えずに吸っていました。しかし、子供ができたとわかった時、禁煙を決心しました。

そして、禁煙に成功した方法ですが、先ず最初の頃は少し辛かったです。

私は一日に一箱から二箱は吸っていたので、急に辞めようとしても、なかなか出来ませんでした。

はじめは、家の中で吸うことを辞めました。

仕事中や外出している時のみ、タバコを持ち歩くようにして、家では一切吸わないようにしました。

それでも、朝起きた時や食事のあとは口が淋しかったので、起きてからはすぐに水を飲み、顔を洗う。

さらに食後にはデザートをとるようにしました。

次に、外出している時にはタバコを決まった本数のみ持ち歩くようにしました。

そうすると、外で吸える本数も限られるので、吸うタイミングをよく考えるようになります。

その結果、一日五本で満足できるようになりました。

次に、タバコが吸いたくなったら、水や炭酸水を飲むようにしました。

そうして、少しずつタバコが吸いたくなった時の代わりを見つけては、実践して徐々に本数を減らしていったのですが、やはり飲みに行った時やコーヒーを飲んだ時には吸いたい衝動に駆られる事が多かったです。

その際はお酒やコーヒーと一緒に水を飲むようにして、吸いたい衝動を和らげ、居酒屋や喫茶店を出たらガムや飴を舐めて、衝動を緩和させました。

その後、二ヶ月程度減煙と禁煙を続け、三ヶ月目でようやく禁煙に成功する事ができました。

タバコを減煙・禁煙してからは、やはり目覚めがよくなり、減煙の途中でそれを感じる事ができましたし、何よりも禁煙してからは、食事をする際に味を楽しめるようになったので、そういう喜びが、今でも禁煙を続けられている理由になります。

何よりも、子供の事を考え始めた禁煙ですので、今後も喫煙を再開しようとは思いません。