海外旅行に言って強制的に禁煙した女性の写真

私が禁煙をしようと思った一番のきっかけは、健康維持と歯が黒ずんできたので、女性として恥ずかしいと感じる様になりました。

また、当時は世の中的に喫煙者には厳しくなっていると感じていましたし、海外旅行へ行った時にあまりにタバコが吸える場所が少なくて、その時の旅行は常にタバコを吸える場所を探すことで、頭がいっぱいになり、旅行自体を楽しむ事ができなくて、何だかあまり楽しくないと思いました。

その旅行へ行った時の体験談もタバコを辞めたいと思った理由です。

あとは、年々タバコの金額が高くなり、月計算や年間計算をした時に飛んでもない金額だという事も分かりまして、タバコを吸っている事で良い事はあるのかな?と紙に書き出してみたのです。

すると、タバコを吸っていて良い事は食事の後の一服が最高だと思える一点だけだったのです。

反対に禁煙をしたら、どれほど良いのかを書いてもると、もう沢山書く事ができて、これは今日からでもすぐに辞めようと思いました。

まず、私の禁煙方法はタバコが美味しいと感じる食事の後をのきりれば第一関門を突破できると思いました。とにかく食事をした後はすぐに洗い物をしたり、外へでかけたり、一服タイムをカットしました。

暫くはコーヒーや紅茶、日本茶といったものを食事後に飲む事を辞めました。

また夜のアルコールも暫くは辞めましたし、そのような場へ行くことも1年間くらい辞めました。タバコを吸っている人とは暫く付き合わないようにもしました。
そして禁煙して3ヶ月くらいの頃にハワイへ10日間行く予定にしていたので、旅行の期間で完全に禁煙スタイルが身に付いたと思います。

ハワイもとにかくタバコが吸える場所が少ないでし、店内などで吸っている人もいないので、食事の後にタバコを吸わないことが辺り前の環境でした。

帰国後もハワイでの10日ほどの習慣が身について、帰国後はタバコを吸いたいと1度も思わず禁煙できました。もう10年以上は吸っていません。