禁煙に失敗してたばこを吸ってしまう男性の写真禁煙をしたのが今から10年ほど前のことです。当時、私の周りは禁煙者と喫煙者が半々くらいな時代だったと思います。

世間的にも今ほど喫煙者の肩身が狭い時代ではなく、比較的喫煙者が多く見受けられたことだったと思います。

最初の禁煙のキッカケは、当時勤めていた会社の社長が禁煙をし、社内的に禁煙ブームになったためでした。

強烈な社長で、タバコを吸っている人間は減給だ!なんて本音か冗談かわからないことをいう社長だったので、喫煙者は仕方なくやめる人が多くなってきました。

でも実際は会社では禁煙をすることになりましたが、帰宅後や飲みに行ったとき等、会社から離れてしまえば吸っている人も多かったです。自分もその一人でした。

しかし、そんな中本当に禁煙をした理由としては、結婚を意識する女性と付き合いをすることになったからでした。相手がタバコ嫌いな人だったため、当然ですね。

それともう一つ、このころからタバコを吸っていると、なんとなく息苦しいというか、胸が苦しくなるようなことがあり、体調面の不安が出てきたことも大きなキッカケでした。

禁煙をしようとしてすぐにやめれたのではなく、2、3回は再びタバコに手を出してしまいました。

彼女と一緒にいるときは我慢して、帰った後にこっそりタバコを吸う。こんなことが数回ありました。

その中できっぱりやめることができたのは、特に何をしたからではなく、こんな自分がなんとなくくだらなく思えてきたんですね。陰でこそこそすることが嫌になったんです。たぶん彼女も気付いているだろうな、なんて思ったりもして。

当時住んでいたアパートの近くのコンビニの前でタバコを吸っていてそんなことを考えていたら無性に腹が立ってきて、コンビニのゴミ箱に持っていたタバコとライターを捨てました。

結局は自分の気持ち次第なんですね。

タバコをやめたころ当初は「タバコが吸いたいな~」と感じることもありましたが、徐々にそう感じることも少なくなり、今では一切吸いたいと思うことはなくなりました。

特に最近のタバコは自分が吸っていた当時から比べても非常に高価になり、小遣い制の今では買うこともできませんね(笑)