10年たばこを吸い続けた女性が禁煙した写真私は成人してから33歳まで毎日1箱以上タバコを吸い続けていました。

仲の良い友人やお付き合いしている男性も喫煙者ばかりだったため、禁煙しようと言う気持ちもあまりありませんでした。

しかし、30歳になって現在の主人と出会い、喫煙をしようと決意しました。

主人は生まれてこの方一度もタバコを吸ったことがなく、嫌煙家ではないものの、将来子供を持つことを考えたらやめた方がいいんじゃないかと、私にも言っていたからです。

元々好きですっていたわけだし、付き合った人のために禁煙すると言うのもなんだか嫌だったのですが、やはり健康にも美容にも悪いし、お金もかかるものだとは頭でわかっていたので、できるかどうかわからないけれど試しに1週間だけ吸うのをやめてみることにしました。

どうせ始めるなら禁煙外来やニコチンパッチなどを使用したほうがいいかもしれないとも思いましたが、辞められなくても別にいいかなと軽く考えていたので、本当にタバコが切れたタイミングで、次のタバコを買わず、すぱっとやめました。

その後、ふとしたきっかけで吸いたくなることもありましたがぐっと我慢しました。

タバコを吸っていた時にかかっていた月々のたばこ代と、タバコを吸う分健康を気にして飲んでいたサプリメントの月額を計算し、定年まで続けるといくらかかるかを表にして自分の部屋の壁紙に張り出し、一日で一番煙草を吸いたくなる朝と夕方にその表を見るようにすると、吸うのはバカだな!と自分で自生することができました。

不思議なもので私の場合は10年もすっていたのに1ヵ月禁煙したところで全く吸いたいと言う気持ちがなくなり、喫煙者の人の匂いが臭いと感じるようになりました。

それからほどなくして、結婚と妊娠を経験し、家族のためにも尚更タバコなんて吸わない方がいいと言う気持ちになりました。

現在は禁煙してから3年以上経過しましたが、持病だった気管支炎も治り、快適な毎日を過ごしています。

以前はタバコが切れると台風の中でも買いに行っていましたが、今となっては考えられないですね。